BEAUTIFUL DAY

「ましゃ」こと福山雅治さん大好き主婦のフクヤマニアな乳がん闘病ブログ
TOP乳がん(ニュース、情報) ≫ ほとんどの野菜には発がん性物質が入っている

ほとんどの野菜には発がん性物質が入っている

朝8時半
今日2回目の洗濯機を回し、その間にウォーキング

ん~いい天気
洗濯日和ウォーキング日和



いつも同じコースを歩いてると

体の調子が良く分かる

早くバテたり、最後まで調子よく歩けたり

今日は絶好調でした

*・。*゜・。・o゜・。*゜・。・o*゜・。*゜・。・o*゜・。*゜・。・o*゜・。・o*゜・。・o*゜・。・o

生協からもらった冊子の中の記事を抜粋して紹介します


野菜にはほとんど例外なしに発がん性物質が

1日350g以上の摂取が勧められて体に良いとされている野菜には
栄養となる成分と同時に、ほとんど例外なしに微量の発がん性物質が入っている
そして、それは「天然、無添加、無農薬」といったこととは全く関係がない

fc2_2013-11-08_12-43-45-937.jpg


野菜が発がん性物質を含む意味

生野菜は人間に食べられる為に生えているなどと考えていたら
それはとんでもない人間の思い上がり
生野菜には多数の自然の発がん性物質や殺虫物質が入っている
それは、生き物は他の動物の餌になるために生きているのではないからである
動物に襲われても動けない植物はそれなりの工夫をして、色々な化合物を合成している

日常的によく食べる人参にもカフェ酸が50-200ppm含まれている
国際がん研究機関(IARC)は、このカフェ酸の発がん性に関して、
アセトアルデヒドやDDTなどと同等のグループとしているから
その危険性は半端ではない


野菜の発がん性物質の摂取を心配するのは無意味

以上のように、我々はいくら無農薬、、無添加の食品を摂取しても
食品を摂取することで、何らかの発がん性物質をはじめとする毒物を同時に摂取している
↑の画像の発がん性物質について調査したカルフォルニア大学のエームス教授は論文の中で
「天然の毒物と同時に摂取する人工の残留農薬を、その量で比較すると、
毒物の99.99%が天然由来の物質である」
と結論付けている

しかし教授は同時に、
「我々がこれくらいの量の天然の毒物を摂取することを心配するのは無意味である」
と量の問題を強調している

事実、国立感染症研究所は、人参は緑黄色野菜としてがんを防ぐ最も重要な
食品の1つとして積極的な摂取を勧めている
言い換えれば、発がん性物質が入っていても人参を食べるほうが健康に良いということである



「ほとんどの野菜に発がん性物質が入っている」なんてドキリとしましたが
結局のところ心配には及ばないってことです
どんどん野菜を摂取して大丈夫です

最後までお読みいただき有難うございます。
ランキングに参加しています
ポチッとして頂けると嬉しいです 応援ありがとうございます♪
   ↓     ↓
にほんブログ村 病気ブログ 乳がんへ
にほんブログ村
関連記事

Comment













非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL

プロフィール

SANDY

Author:SANDY
福山雅治氏をこよなく愛す主婦
2012月2月 乳がん告知
2012年4月 左乳房全摘+広背筋による同時再建手術
CMF、ハーセプチン投与
現在ホルモン療法中(ノルバデックス)

ランキングに参加してみました
↓よろしければポチッとお願いします
励みになります♪ 

にほんブログ村 病気ブログ 乳がんへ
にほんブログ村

最近の記事+コメント
ブログ村
カレンダー(月別件数付き)