BEAUTIFUL DAY

「ましゃ」こと福山雅治さん大好き主婦のフクヤマニアな乳がん闘病ブログ
TOP乳がん(ニュース、情報) ≫ 術前補助化学療法を行なうと受容体のタイプが変わる場合がある

術前補助化学療法を行なうと受容体のタイプが変わる場合がある

【がんナビ】で術前化学療法についてこんな記事が載ってました

乳癌組織に当初発現していた受容体のタイプが、術前補助化学療法を受けた後の
残存腫瘍で変化することは、まれではないことが明らかとなった。
また、タイプが変化することによって、無再発生存期間が延長される可能性も示された
@ASCO BREAST2013




アメリカの研究グループは、1992年から2012年までに術前補助化学療法を受けた2058人の患者のうち
原発巣と術前補助化学療法後の残存腫瘍の両方で、
エストロゲン受容体、プロゲステロン受容体、HER2の状態の
情報が入手できた398人のデータについて解析

患者はアントラサイクリン系抗癌剤、タキサン系抗癌剤、
アントラサイクリン系抗癌剤/タキサン系抗癌剤の いずれかの術前化学療法を受けていた。
ホルモン受容体陽性患者の87.6%が術前内分泌療法を受けていた。

術前補助化学療法は、276人(71%)がアントラサイクリン系抗癌剤/タキサン系抗癌剤の投与
トラスツズマブベースの化学療法は72人中35人で行われた

解析結果は以下の通り

受容体のタイプ変化の有無
ホルモン受容体陽性193人 49%無 113人 
有 80人  
HER2陽性72 人 18%無 30人
有 42人
トリネガ128人 33%無 93人
有 35人
合計398人 2期200人 3期165人
     その他33人
無 236人 59%
有 162人 41%


変化の詳細は

ER+→ER-   11%
ER-→ER+   21%

PgR+→PgR-  35%
PgR-→PgR+  12%

HER2+→HER2- 40%
HER2-→HER2+ 3%

トラスツズマブの投薬を受けた35人中16人(46%)がHER2陰性に変わっていた


術前化学療法を受けられる方、ブログ村にも大勢いらっしゃると思います
変化があった方いらっしゃるんでしょうか?
この結果を見ると、高い確率で、なんらかの変化が生じているように感じます


最後までお読みいただき有難うございます。
ランキングに参加しています
ポチッとして頂けると嬉しいです 応援ありがとうございます♪
   ↓     ↓
にほんブログ村 病気ブログ 乳がんへ
にほんブログ村
関連記事

Comment













非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL

プロフィール

SANDY

Author:SANDY
福山雅治氏をこよなく愛す主婦
2012月2月 乳がん告知
2012年4月 左乳房全摘+広背筋による同時再建手術
CMF、ハーセプチン投与
現在ホルモン療法中(ノルバデックス)

ランキングに参加してみました
↓よろしければポチッとお願いします
励みになります♪ 

にほんブログ村 病気ブログ 乳がんへ
にほんブログ村

最近の記事+コメント
ブログ村
カレンダー(月別件数付き)