BEAUTIFUL DAY

「ましゃ」こと福山雅治さん大好き主婦のフクヤマニアな乳がん闘病ブログ
TOPラジオ ≫ 魂ラジレポ その2

魂ラジレポ その2

3年間を経て98年4月30歳を目前に控えた福山さんはこの曲で
3年間の沈黙に答えを出しました



「Heart」が流れる


思えば東京での沈黙していた3年間は長崎から上京してきた時のまま突っ走ってきた少年を
大人のアーティストに変えるのに必要な時間だったのかも、今から思えば



ん~ただ申し訳ないなって思ってるところがあって、
ファンの方にしばらくお休みしますってちゃんと伝えなかったということは今でも悔やんでおります

にも係わらずファンクラブの会員数がそんなに減ることはなく、数万人ずっといてくれてたんですよ
だからその人達がいたから帰ってこれたってのがあるんですよね


ほんとにCD買ってくれた人がありがたいっていうか


そうね~だから待っててくれる人がいたから帰ってこれたっていうことですよ

基本的にこの仕事っていうのはコンサートやるっていって入ってくれて始めてできる訳じゃない
CD出すっていってお客さんが手に取ってくれるからできる
ラジオやりますっていってリスナーが聞いてくれるからメールをくれる
から成立する
テレビ、ドラマやりますって見てくれる人がいて視聴率となってでてくるから次の仕事に繋がる
能動的にあるように見えて、結果を受けて受動的な仕事なんだよね

自分からアクション起こしてるように見えるけど、きっかけだけであって
そのきっかけを受けてくれる受け皿があって初めて仕事になるからさ

俺なんか今でもそうなんだけど、
ダメになっちゃったら、やめるしかないなってのが常にあって
求められなくなったらやってる意味ないな
てかできないなってのがある

この東京タワー云々とかさ話をするなかで最初に言ったじゃん
オーデションでね通知が来なかったから車で出かけていって横田基地の前の16号で
9万5千円の車のマフラーが落っこって、落っこったからアパートに戻って
駐車場で修理してたら電報が届いて連絡してオーデションに行った
で今に繋がるって言ったじゃん

その時もしマフラーが取れなかったらそのまま俺は行ってて、オーデションも行かなかったわけ

そう考えるとこれも自分の意思のようで自分の意思ではないところがすごいある
運命論者ではいたくはないけど運命は自分で切り開くもんだって思っていたいけど
でも自分以外の何かのものに呼ばれてデビューするきっかけになったと思うから
俺あんまり妙ちくりんなもの信じたくもないけど、非常に現実的な所で生きてきた人だけど
でもそんな偶然ってあるんだなって事で半ば導かれるようにこの世界に入ったって事があるから

それが自分に求められている役目ならばその役目が果たせるところまでは果たしたいなと
その役目があなたもう終わりましたよって雰囲気になれば
まあできないけど(笑) と思うよ


だから求められる受け皿があったからこそ戻ってきて、今このシークレットベースで放送してるっていう
まあ復帰してからの活躍は皆さん知ってる思います
「桜坂」「虹」やドラマがあったりラジオで賞を貰ったりとかね


そして今年2007年気が付けば福山さんは38歳
長崎から上京して20年が経ったという
長崎いるよりこっちにいる方が長くなっちゃった



(おじいちゃん風に)
そうねぇ~20年が経ってしもうた~
それでは~この曲を~きいてもらいましょうか~
福山雅治で~ 東京にもあったんじゃ~


福山雅治版 東京タワー ボクとラジオと、時々オカン
まさに2007年に追いついた所で最終回
どうでした?語り下ろしてみて



でも現在進行形だからね 俺が引退してるんだったら話は別だけどさ
まだこの先どうなってるか分らないし
この先坂を転げ落ちるようにねえ


いやいやいやいや そういうことで長期休暇とかやめてください


えっ(爆)
長期休暇かわかんないけどさ~仕事ばっかしてたんじゃいかんぞ


それ誰に向かって言ってるんですか?


俺と彰久

仕事でね、仕事っていうか好きなことやってるから仕事とも思ってないんだけど
創作、創造っていう作業はさ、どっかで何かを入れないと出てこない訳
まああえて仕事と言わせてもらいますけど、自分のやってる仕事の中から出てくるものも勿論ある

新しい仕事やったりとか、ツアーやったらやったでまた新しいこと、こんな曲が欲しいな、勿論やったらやっただけでてくる
そこで得る刺激と、全く仕事とは別のことで受ける刺激から得る物とがあるんですよ
だから同じとこにいて同じことやっててもなんかね、新しい発想はなかなか生まれてこないんだよね
だから環境変えたりだとか新しいトライをするってことは常に必要でさ
それがその2年間くらいリリースがなかったときに発見したことかな

今のボクが95年当時の僕や福山プロジェクトに言える事があるとしたら
そんなに仕事して走ってきて本人も周りも混乱してるんだったら
全く新しい事やったらいいんじゃないって
それが直接エンターテイメントに繋がることじゃなくてもいい
留学でも、株の勉強でも、農業でも漁業でも
そっから新しいことが始まると思うけどって風な事を言うと思うけどね


メールでたくさん来てたんですけど

福山雅治版 東京タワー ボクとラジオと、時々オカン が始まった時に
子供の頃の話がかなり面白い
それもやってって



行方不明事件


なので新シリーズが始まるかもしれない


そうねAnother Side Of 福山雅治版 東京タワー ボクとラジオと、時々オカン がね


幼少編があるかもしれません
とりあえず最終回ということで

福山雅治版 東京タワー ボクとラジオと、時々オカン

出版化とか映画化とか業界関係者からのオファーとラジオの前のあなたからの感想も待っております











関連記事

Comment













非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL

プロフィール

SANDY

Author:SANDY
福山雅治氏をこよなく愛す主婦
2012月2月 乳がん告知
2012年4月 左乳房全摘+広背筋による同時再建手術
CMF、ハーセプチン投与
現在ホルモン療法中(ノルバデックス)

ランキングに参加してみました
↓よろしければポチッとお願いします
励みになります♪ 

にほんブログ村 病気ブログ 乳がんへ
にほんブログ村

最近の記事+コメント
ブログ村
カレンダー(月別件数付き)