BEAUTIFUL DAY

「ましゃ」こと福山雅治さん大好き主婦のフクヤマニアな乳がん闘病ブログ
TOPラジオ ≫ 魂ラジレポ その1

魂ラジレポ その1

BGMに「Good Luck」が流れる

1995年11月5日、横浜アリーナー自身初となるアリーナツアー終了日を
最高の盛り上がりで締めくくったのを最後に1人のミリオンアーティストが
ラジオ以外の表舞台から姿を消した

そう1987年の夏の上京から8年、東京にきてから夢を見ていた横浜アリーナのステージにたった
26歳の福山雅治だった

これは18歳で故郷長崎を旅立った彼が東京でラジオ界の国宝と呼ばれるまでに至った20年に渡る壮大な上京物語である


福山雅治版 東京タワー ボクとラジオと、時々オカン



ラジオの前の皆さん、ハンカチの準備はいいですか?
今夜が感動の最終回 終了時間未定
超拡大版で


そんな話すことあるかな もうあんまりおもしろい話ないよ


リスナーから寂しい、辞めないで喋り続けてという沢山のメールが


いやいやそんな話すこともうないよ


先週2話一挙放送して、まさに連ドラ、CMで国民的人気者?アイドルに!
抱かれたい男2位、そこまで上りつめた



2位なんだやっぱ2位なんだ
2位多いな~人生 今週も2位だったし


94年3月にはアーティストとして「It’s Only Love」で初のミリオン
まさに昔の夢をとりあえずは叶えてきたぞという訳ですね



夢越えてるよこれは 100万枚売れるなんて


もう一度言いましょう 最初に作った枚数は?


あ~イニシャル?1990年3月21日「追憶の雨の中」の最初のイニシャル枚数は

2800枚


それが100万枚越えた訳ですよ


そりゃ~アミューズウハウハでんがな


市毛さんも軽く失禁したと思いますよ、びっくりして
そっから3ヶ月後には
94年6月から3ヶ月に渡る42箇所50公演



これひどいスケジュールだと思わない?


3ヶ月で50公演ですよ


これ太田やすひこちゃんよ、これ組んだの
これ太田ちゃん、ダメ
このスケージュールはキツイよ


HOUND DOG みたいですねコレ 毎日毎日


ましゃ大友康平の歌マネを


ツアー終わったらモノマネ解禁しましたよね


どうもありがとう!
おやおやおや
なんだバカヤロー



この時オールナイトニッポン休んでたんですよね?


ムリだもん 


ラジオが飯より好きだったのに


だって3ヶ月間で50公演ってことは役90日で50公演ってわけですよ
3日に2回くらいです
こんなね、はっきり言ってムエタイの選手じゃあるまいし
もうこんな戦いないよ


これ体壊せって言ってるようなものですよね


だからこの時に、ボクはパンツはくのやめたんですよ
この時ランドリーが間に合わないから
毎回コンサート終わってね、ご存知の通り新しい下着をね生のままはくのが嫌なタイプなんですよ


1回洗わないとね


1回どころか何回も洗ってコットンが目詰まりしてクタクタになるまで
それぐらいじゃないとイヤなの
それで間に合わないから、本番終わりにいつもホテルの部屋でパンツ洗ってたの

でさっきまでねましゃ~アンコールとかやって歓声浴びて
どうもありがとう!バイバイ~って
帰ってきて

パンツし~こしこパンツし~こしこ洗ってる自分がイヤで

あれもうやめた~って竜ちゃんみたいに上島竜平さんみたいに帽子投げつけるみたいにパンツ叩きつけて
俺はあの日からパンツをはくのをやめた


俺が聞いた健康法ってのは後付けだったんですか?


後付け後付けあんなもん
パンツ洗うのイヤになるくらい追い詰められていました


でもブレイク前のツアーと比べてお客さんの熱狂度が全然違うでしょ?


このツアーはねすごく一番やりにくいツアーだったね
とにかく言っちゃなんだけどお客さんの盛り上がりがハンパない訳よ


初めて見る方も多かった訳ですよね
これが福山か~って



そうなのよ ぎざましゃだったのよ
ぎざましゃす、かっこよすだったのよ
ちぃにいちゃん、ぎざかわゆす だったのよ

だから何やっても ワーキャーで
それこそこの頃はバラード歌っても手拍子だったりとか
ましゃ~ぎざかわゆす みたいな声援が常に飛んできてたの


そりゃ確かにやりにくいとこあったかもしれないですね


俺2回位注意を促したことあったかもしんないこの時は
若かったね~こん時は、 ぎざ若すぎざ


で翌年95年誕生日発売の「HELLO」
ミリオンどころかダブルミリオン



こりゃBMGもアミューズもウハウハでんがな
この後、大里さんボロ儲けだよ


だって年間のCDセールスの2位になりました

また2位
俺多分、年間CDセールス1位取ったことないよ
「桜坂」の時も2位 1位「TUNAMI」だもん
「虹」が出たときも2位だったのよ
だからなんか俺さ~


ダブルミリオンいっても2位って


ねぇ


でもこの時まだ若干26歳ですから


26歳でねぇ~すごいよね~


これちょっとなんか今から見て、いきがってった部分とかあるんじゃないですか?
ちょっと気が大きくなったりとか売れたってことで



ん~それは逆に人に聞いたほうがいいと思うんだけど、この時福山どうだった?って
俺はねとにかくピンときてなかったと思うよ


さっきの話でもワーっと言われててもホテルでパンツ洗ってるんですもんね


そうそうそう そういうところはかえって家庭的なさ
家庭的なミリオンシンガー(笑)
うちの事務所もさ、あんまり持ち上げる事務所じゃないのよ


意外に普通に接するみたいな、変わらずに

変わらずだから、だからなんか、現状と扱いにギャップがあるみたいな感じだったと思うんだよね
逆に持ち上げられるのは、こそばゆいから俺もそんな好きじゃないんだけど
例えばこの前も言ったけど、ちぃにいちゃんでひとつ屋根の下に出てたころ
ドラマの視聴率が今では考えられないけど30%バンバン越えて
で、その頃に住んでたのが川崎のちっちゃなアパート
「HELLO」の頃はマンションに住んでたけど、オートロックに住んでたけど
でも今の時代だったらダブルミリオンに近いシングルを売ってる若手シンガーだったらさ、結構な所あてがってると思うんだけど
でも全然~


そういうこと言いつつも秋には初のアリーナツアー


さっきのアレね 


デビューの前から横浜アリーナの前を通ってはここでやりたいなと思ってた夢を実現した
そん時は一応到達点まできたみたいな?



だからねシングルが何万枚売れたってそりゃ嬉しいよ
今だって売れるに越したことはないんだから
だけど実感っていうのはさ、目の前にお客さんがいるほうが実感がある訳
だからシングルが100万枚売れたとかそういうことよりも、
目の前にいてくれる1万何千人のほうが俺にとって実感がある訳
だからコンサートを大きな会場でやれるって事はすごく嬉しかったよね

ただこん時はコレが俺の人生のピークだと思った


なんでなんですか?


そりゃ彰久も、小原さんも分ると思うけど俺たちの世代っていうのは
基本的に人に褒められるのがすごい苦手な世代
それは何故かというと親からあんまり褒められたことがないから


それしまった 気が付いてなかった


それホントなの 親から褒められた記憶あんまないでしょ?
その当時の俺たちなんてさ学校で理不尽に怒られたことってあった訳
昔の先生なんてしょっちゅう殴ってたから
であんまり悪いことしてないのに殴られたりするじゃん 
で、かあちゃんに言うじゃん

それあんたが悪いに決まっとる 先生が間違っとる訳ないたいって
行き場がない少年だったんだよね
だからと言ってそれで拗ねたりもしなかった別にね
だからあんまり褒められたりとか苦手だったんだよね

だからいいことが起こったりすると、これがきっと俺の人生の一番のピークで後は坂を転げ落ちるように


なんでそんな考えるんですか
じゃあこれを思い出に楽しく残りの余生をみたいな?



コレ位いったらもういいかな~って(笑)


なんか当時もそういうこと言ってたって小原さんが
当時から今がピーク、今が頂上って言ってたらしいですよ
傍から見たら調子いいわけですよね、絶好調みたいな



でもスタッフも初めての経験だから、アミューズでもソロアーティストでこんな風になった人いない訳よ
サザンはサザンでいたけどね


で傍からみたら明らかにイケイケだったにも係わらず、最終日の横浜アリーナを最後に約3年間
98年4月までリリースもしない、ただ週2回ラジオをやってるという



ここでましゃ、KAT-TUNの赤西くんの帰国会見で話してた英語の
マネごとを



小原さんから質問があるんですけど
ラジオを除いて表舞台から姿を消してなんでラジオだけやって、これいまだに皆さん、分ったような分らないようななんでなの?っていう



また赤西くんのマネをするましゃ


もういいから、しかも赤西くんの方が流暢だったから明らかに
何でなんですか?



何でっつうかね~、俺もそうだけど、スタッフも初めてのことで混乱してたんだと思うよね
どうしていっていいのかってので、当然些細なことだったり食い違いやすれ違い、いろいろある訳
思惑違いとかいろいろ出てくる訳よ
でちょっと1回休憩でもして頭冷やしてそれから考えようってのがなんかズルズルズルズル


最初から3年とかじゃなかった?


最初から3年な訳ないじゃん、そんなもの
多分こういうことだと思う 俺も具体的にどうこうってのはわかんないんだけど
あのねスタッフもそうだし俺もそうなんだけど事務所も、レコード会社も
考えてることや思惑や目標、夢、辿り着きたいとこ、例えばチーム福山ってものが1こあって
チームの中にいる人たちってのは、それぞれいろんな想いがあるのよ
で売れる前までってのは、仮にどんな想いがあっても、売れるって1つの目標が、1個の点に向かってさまざまな方向から1点に向かってフォーカスを当てることができる訳

売れたって事実がここにできると、本来売れた次の目標がなきゃいけないんだけど
売れた次の目標って相当見つけにくいものなのよ
基本的にはそれをキープするか、より売れるしかないんだから
これは相当高いレベルのマネージメント、レベルの高い創作活動
レベルの高い色んなプロジェクトのあり方

それはプロジェクトのシステム自体変えなきゃいけなくなってるとかそういうことも求められてるんだと思う
売れる前は売れるって目標で皆が走れるんだけどさ、今度はちょっと頭も使わなきゃってなってくるとさ難しいのよ


でもラジオ辞めなかったですよね


ラジオ好きだからね


ラジオ2日でしょ?残り5日なにやってたんですか?


まあドライブしたり、写真撮りに行ったりとか、あと酒ばっかのんでた


オカンとかは正直心配してたでしょ?


どうやろね、そん時もあんま話してないから


3年間でしょ


だからって3年間会わなかったって話じゃないよ


東京にはいたんですよね?


いたりいなかったり


だからこそ死亡説も出ていたり


でもさホントに留学すればよかったよね


しまった 人生唯一の長期英語が勉強できるチャンスだったのに


そうだよ そしたら俺今頃ペ~ラペラよ
関連記事

Comment













非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL

プロフィール

SANDY

Author:SANDY
福山雅治氏をこよなく愛す主婦
2012月2月 乳がん告知
2012年4月 左乳房全摘+広背筋による同時再建手術
CMF、ハーセプチン投与
現在ホルモン療法中(ノルバデックス)

ランキングに参加してみました
↓よろしければポチッとお願いします
励みになります♪ 

にほんブログ村 病気ブログ 乳がんへ
にほんブログ村

最近の記事+コメント
ブログ村
カレンダー(月別件数付き)