BEAUTIFUL DAY

「ましゃ」こと福山雅治さん大好き主婦のフクヤマニアな乳がん闘病ブログ
TOPスポンサー広告 ≫ ホルモン療法、閉経前後の薬の選択 「がんサポート」よりTOP乳がん(ニュース、情報) ≫ ホルモン療法、閉経前後の薬の選択 「がんサポート」より

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | Comments (-) | Trackbacks (-)

ホルモン療法、閉経前後の薬の選択 「がんサポート」より

今日も血圧の話題からですが

上124 下82

大変よろしい

でも測定一発目は上が170台
緊張を解くように呼吸を整え
数回、測りなおすとジグザクしながら下降します

130台が数回
壁を越えろーーー 目指せ120台
本日も目標達成できました


:;;;;;:*★*:;;;;;:*★*:;;;;;:*★*:;;;;;:*★*:;;;;;:*★*:;;;;;:*★*:;;;;;:*★*:;;;;;:*★*

さてさて本題に入ります


今日は、「ホルモン療法、閉経前後の薬の選択」について


まずは「閉経」の定義から書きますね


最終月経から1年以上月経がない状態を継続していること


閉経前後のときは、薬の選択も慎重さが求められるという

タモキシフェンを服用していた人が閉経した場合

即、アロマターゼ阻害薬へ切り替えがいいのか
タモキシフェンを継続するべきなのか


このようなデータがあります↓

閉経前の人が閉経した時、あまりに早期にアロマターゼ阻害薬の投与を始めると
一旦止まった生理が戻る人がいる
そのような人の予後はよくない


これは、アロマターゼ阻害薬は卵巣を刺激する作用があるために起こるそうだ

したがって、タモキシフェンを服用中に閉経になった場合、
それをアロマターゼ阻害薬に切り替えるタイミングは難しい

そのため、閉経したと考えられる場合は、血液検査でエストロゲン及び卵胞刺激ホルモンの
レベルが閉経状態であることを確認し、慎重に行なう必要がある


このワタクシ、まさに閉経前後の女

一般的に平均閉経年齢は50歳前後
私も、ホルモン療法中に50歳を迎えることになる

昨年6月からの抗がん剤の影響で既に、生理はない
これは一時的な閉経なのか、真の閉経なのだろうか?

最終月経は、昨年の10月だった

このまま生理が戻らなければ今年の10月で丸1年
閉経の定義に当てはまる

11月には子宮がんの検査を受ける予定
その時に、血液検査もお願いしてみようと思ってます

もしその結果が、閉経だったら?

がんサポートには、「アロマターゼへの切り替えは慎重に」とだけで
閉経後何年経ったら、切り替えるとは書かれていない
と言うことは、現在は、それぞれの主治医の先生の判断任せということか?

そして新たな疑問が浮上
ホルモン療法開始時に、自然閉経が疑わしかった人(最終閉経から1年前後経過の人)は
どの薬を使ってるのだろう?

気になる~~~

是非是非、ビミョーな年齢層の治療薬「私の場合は、こうです!」
と情報をお願いします

もし沢山情報が寄せられた際には、結果を発表しますね

な~んて。。。来るかしらね?

よろしくどうぞ

私自身、主治医からはノルバ5年と最初に言われ、閉経したらの提案はない

知識不足から、質問もしたことがない

今回、ちょっと勉強できたから血液検査の結果次第では
主治医に質問してみようと思う


最後までお読みいただき有難うございます。
ランキングに参加してみました
ポチッとして頂けると嬉しいです 応援ありがとうございます♪
   ↓     ↓
にほんブログ村 病気ブログ 乳がんへ
にほんブログ村
関連記事

Comment

私の場合は
編集
ホルモン治療を始めたのは52才、数年前から不定期たっだ生理が最後にあったのが半年前という状態。(術前に抗ガン剤等の治療はしていません)
薬を決める前に乳腺外科で血液検査をして閉経状態という結果だったので最初からアロマターゼ阻害薬(フェマーラ)を服用しています。
微妙な年齢の方は血液検査ではっきりさせるのが一番いいのではないかと。
2013年07月25日(Thu) 15:24
フェマーラで開始でした。
編集
初めまして。

私は50才と11カ月で手術。それまで生理は、ほぼきちんとありました。
術後抗癌剤TC4クールと1年間ハーセプチン(トリポジです)。
1クール後に一度だけ生理が来ました。

抗癌剤も放射線も終わった時点で一刻も早くホルモン治療を始めたかったのですが、(その時点で最終月経から6カ月)やはりどうするか、かなり悩みました。どのくらい悩んだかというと、同じ病院内でも大主治医、中主治医、小主治医とそれぞれ意見が違ったくらいです(笑)。

小主治医・・・1年間閉経状態が続かないと閉経とは言わないのでタモで開始(きっぱり)
中主治医・・・微妙だなあ。どうしようかなあ・・・(正直)
大主治医・・・年齢的にも血液検査上も完全閉経と考えてよい。数値上卵巣機能が完全に停止しているので、実質タモ治療しているのと変わらない。だからあと半年無治療で12か月経ったところでフェマーラ開始でも大丈夫だよ。(最初からフェマーラでいきたい派)

さてどうする?

で結局・・・
無治療期間が長いのは非常にコワイので(ハーセプチンは継続中でしたが)、私の希望で閉経8カ月でフェマーラを開始してもらいました。ただしまめに血液検査をしてホルモンの値を調べ、数値が変化したり、万が一生理が戻ったらそこですぐタモにスイッチしましょうということで。

結果、数値の変化もなく生理も戻らず今に至ります。(もうすぐ飲み始めて2年)

教科書通りの小主治医と長年の経験の大主治医。
そんな感じでした。
どちらにせよ、自分で納得する治療が一番だと思います。







2013年07月26日(Fri) 14:04
Re: クローバーさんへ
編集
こんにちは、はじめまして
コメントありがとうございます

微妙な年齢でのホルモン療法開始でしたね
血液検査で確認し、フェマーラを飲み続けていても生理は戻らないなら
このまま服用していても安心ですね

私も早く血液検査してみたくなりました

2013年07月26日(Fri) 15:46
Re: ぷきるさんへ
編集
はじめまして、こんにちは
詳しくコメントありがとうございます

先生により、考え方も少しずつ違うのですね

最初から、フェマーラということですが、
生理も戻ることもなく、病院の検査によるチェック体制もしっかりしていて
安心して治療を進められますね

私は昨年11月46歳でホルモン療法を開始しました(ノルバ)
本来なら、まだ生理がある年齢だと思うのですが
生理が止まっているため、リュープリンはしていません

抗がん剤による一時的な閉経なのか、完全閉経してしまったのか
やはり血液検査をするのが一番ですね
2013年07月26日(Fri) 16:00












非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL

プロフィール

SANDY

Author:SANDY
福山雅治氏をこよなく愛す主婦
2012月2月 乳がん告知
2012年4月 左乳房全摘+広背筋による同時再建手術
CMF、ハーセプチン投与
現在ホルモン療法中(ノルバデックス)

ランキングに参加してみました
↓よろしければポチッとお願いします
励みになります♪ 

にほんブログ村 病気ブログ 乳がんへ
にほんブログ村

最近の記事+コメント
ブログ村
カレンダー(月別件数付き)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。