BEAUTIFUL DAY

「ましゃ」こと福山雅治さん大好き主婦のフクヤマニアな乳がん闘病ブログ
TOP再建 ≫ 乳房再建 ~シリコン、自家組織それぞれの長所と短所~

乳房再建 ~シリコン、自家組織それぞれの長所と短所~

広背筋で同時再建をした私

再建方法を決める前に形成外科の主治医から、
インプラント、自家組織それぞれの短所や長所を説明してもらった

今日は簡単に紹介します(緑字は短所と言える項目)
「シリコンインプラント」
入院期間 7日~10日
手術時間 全摘2.5h+1h
大胸筋の下にエキスパンダーを挿入する(3ヶ月~半年)
侵襲が少ない(他を傷つけない、手術、術後が楽)
手術が2回(シリコン入れ替え時は5日間の入院)
自費診療(シリコン入れ替え時、私が通う病院は52万円)
異物である
形が一定(体位、体重、加齢により変化しない)


「広背筋」
入院期間 10日~14日
手術時間 全摘2.5h+4h
侵襲が比較的少ない(術後翌日に歩行可能)
妊娠の不安の軽減(妊娠、出産に影響されない)
小さい乳房に適する(術後萎縮)
皮膚、組織がやや硬い(質感の問題)
広背筋の作用(肘を引く、物を投げる)の低下 
 しかし他の筋肉が代わりに働いてくれるため、ほとんど問題ない
術後背部浸出液が多い


「腹直筋」
入院期間 14日~20日
手術時間 全摘2.5h+5h
大きい乳房、下垂した乳房に適する
質感がよい、形が作りやすい
術後萎縮が軽度
筋肉を温存する術式(穿通枝皮弁)などの手術バリエーションが豊富
術後ベット上安静が長い(4日間)
術後ヘルニア(脱腸)、腹壁弛緩
腹直筋の作用(起き上がる動作)の低下


以上のようにそれぞれ長所、短所がある
インプラントは手術が2回
腹直筋の術後安静、この2つが一番私は引っかかった

他の部位を傷つけないシリコンや、腹直筋の質感の良さ
これも魅力だったけど
あの2つの短所と引き換えにそれを手にしようとは思えなかった

そもそも貧乳で胸自体に執着がないから
多少萎縮しても、少し硬くても
「まぁ、いいや」と妥協できた

そんな消去法のような感じで広背筋での再建にたどりついた
説明を聞くときまでは、胸以外も傷つけるなんて嫌でインプラントのつもりだったんですけどね

私が行なった広背筋皮弁は拡大法というもの
広背筋のみを使うのではなく、腰周りの脂肪も使ってます
そうすることにより従来は小さい胸しか作れなかったけど
大きな胸も作れるようになりました(私は貧乳ですが)
その分、傷が従来より長くなるデメリットはあります

傷は自分で見えないからいいやって思ってたけど
実際は、人に見られる勇気ありません(温泉とか)

私の入院期間は13日間
背部の浸出液は退院後、外来で抜いてもらってました(1ヶ月半近く)
背部の感覚がなかったので注射を刺しても痛みは無し

抗がん剤の開始は、この浸出液待ちでした
しつこい浸出液に乳腺外科の主治医は苦笑いです


今日のウォーキング
7046歩 


最後までお読みいただき有難うございます。
ランキングに参加してみました
ポチッとして頂けると嬉しいです 応援ありがとうございます♪
   ↓     ↓
にほんブログ村 病気ブログ 乳がんへ
にほんブログ村
関連記事

Comment













非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL

プロフィール

SANDY

Author:SANDY
福山雅治氏をこよなく愛す主婦
2012月2月 乳がん告知
2012年4月 左乳房全摘+広背筋による同時再建手術
CMF、ハーセプチン投与
現在ホルモン療法中(ノルバデックス)

ランキングに参加してみました
↓よろしければポチッとお願いします
励みになります♪ 

にほんブログ村 病気ブログ 乳がんへ
にほんブログ村

最近の記事+コメント
ブログ村
カレンダー(月別件数付き)