BEAUTIFUL DAY

「ましゃ」こと福山雅治さん大好き主婦のフクヤマニアな乳がん闘病ブログ
TOPスポンサー広告 ≫ <山形県立中央病院> 検体取り違え乳房手術TOP乳がん(ニュース、情報) ≫ <山形県立中央病院> 検体取り違え乳房手術

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | Comments (-) | Trackbacks (-)

<山形県立中央病院> 検体取り違え乳房手術

 山形県立中央病院(山形市)は16日、
乳房に葉状腫瘍ができた40代女性患者と、乳がんの80代女性患者の検体を取り違え、
それぞれ誤った検査結果に基づいて手術する医療ミスがあったと発表した。
2人とも患部は摘出されており、がんの転移も見られず追加手術の必要はないという。
 
病院によると、6月下旬の同じ日、2人を担当する乳腺外科の医師が診察室で、それぞれの患者の乳房に針を刺して組織を採取。
翌日、院内の検査室で病理技師が解析を始め、2日後に結果が出るまでの間に取り違えがあった。
2人の検体の採取時間には30分ほどの差があり、解析は同時並行でなされた。
 
7月上旬、検査結果に基づき、葉状腫瘍の40代女性を乳がんと診断。
8月上旬に乳がん治療のため乳房温存手術を実施し、本来なら切除する必要のないリンパ節も摘出した。
乳がんの80代女性には7月下旬、乳腺を部分的に除去する葉状腫瘍の手術を行った。
手術後の8月中旬の病理診断で、検体を取り違えた可能性が浮上。
双方の患者の同意を得て遺伝子検査をした結果、同30日に検体の取り違えが判明した。
 
病院の説明によると、検査をする場合、医師は検体採取後、その場で瓶に入れて保管する。
瓶にはあらかじめ患者を認証するバーコードや名前を記したシールが貼られているという。
記者会見した後藤敏和院長は「今の段階で、どこで検体を取り違えたのかは分からない。
患者と家族に多大な迷惑を掛け、県民に対して病院の信頼を損なうことになってしまい、大変申し訳ない」と謝罪した。
中央病院は外部の専門家を含めた事故調査委員会を設け、原因究明と再発防止策を講じる。



以上yahooニュースより

またあってはならぬ、医療ミスがおこってしまったようです


命を預かる医療機関でのミスはあってはならない
でも人間はミスします
100%完璧なんて無理


私が勤める会社
この時代にシステム化もされてない超アナログな会社
だから注意しててもどうしてもミスに気が付けず
クライアントさんに迷惑をかけてしまうことがある
でも医療現場のように
そのことにより誰かの命を脅かすような
誰かの人生を狂わせるようなことにはならない

仕事で大きなミスが生じた時
もしこれが人の命を預かる仕事だったらっと想像し
ゾッとしている自分がいます


人間はミスをします
今回の取り違えも
2重、3重のチェック体制で手術前に気が付ける体制がなかったものかと思う

人の命を預かる仕事
大変なお仕事だと思います


最後までお読みいただき有難うございます。
ランキングに参加しています
ポチッとして頂けると嬉しいです 応援ありがとうございます♪
   ↓     ↓
にほんブログ村 病気ブログ 乳がんへ
にほんブログ村
関連記事

Comment













非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL

プロフィール

SANDY

Author:SANDY
福山雅治氏をこよなく愛す主婦
2012月2月 乳がん告知
2012年4月 左乳房全摘+広背筋による同時再建手術
CMF、ハーセプチン投与
現在ホルモン療法中(ノルバデックス)

ランキングに参加してみました
↓よろしければポチッとお願いします
励みになります♪ 

にほんブログ村 病気ブログ 乳がんへ
にほんブログ村

最近の記事+コメント
ブログ村
カレンダー(月別件数付き)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。