BEAUTIFUL DAY

「ましゃ」こと福山雅治さん大好き主婦のフクヤマニアな乳がん闘病ブログ
TOP再建(ニュース、情報) ≫ 乳がん治療の危険性は医師から十分に話されていないかもしれない

乳がん治療の危険性は医師から十分に話されていないかもしれない

乳がんの手術によって乳房を失った場合、治療の選択肢として乳房再建があります。
患者が乳房再建を決断する時に適切な情報が与えられているのでしょうか?
乳がんの手術を計画している患者を対象に調査されました。


◆乳房再建の利点とリスクの情報提供

乳房再建は乳がんの手術により乳房を失った場合に行われます。
皮膚の下にシリコンなどを植え込む方法、自分の体の別の場所から組織を移動して元の形を復元する方法があります。

今回の調査では、乳房切除術(乳がんを取り除くための手術)を計画している145人の患者が対象とされました。
対象者は手術を受ける前に乳房再建の知識アンケート、また、意思決定にどれほど関わっているのかをアンケートで答えました。



◆乳房再建の情報不足

次の結果が得られました。


知識の総点数は100%中58.5%だった。
合併症のリスクの知識が14.3%と、得に低かった。

ほとんどの患者(92.1%)は医師と乳房再建について話し合い、そして90.4%の患者が乳房再建を受けたいか、受けたくないか聞かれた。
乳房再建の利点を話し合った患者(57.9%)のほうが不利な点を話しあった患者(27.8%)より多かった。

患者の乳房再建の知識は高くなかったこと、そして、乳房再建の欠点を医師と話し合った人は27.8%にとどまることが報告されました。



患者がより良い決断を下すために治療の利点と欠点を知っておく事は重要です。
しかし、今回の研究では患者が医師と話し合うときに利点を中心に話し合いがされました。
治療について話し合う時は利点だけでなく、欠点を知っておけるよう、医師の努力も必要かもしれません。



以上、MEDLEYより引用


私の場合はどうだろうか

形成外科の主治医はよく説明してくれたのではと思ってる
説明はIpadを使い、解りやすく
そしてそれに沿った資料も頂けた

各再建方法のメリット、デメリットももちろん教えてくれた

およそ1時間に及ぶ説明を聞き(以降の順番の患者さんに申し訳なかったです)
それまで痛い想いはしたくない、シリコンがいいと思ってたのが
自家組織に心が動き
1週間考えた末、私は広背筋での同時再建を選択した


この記事によれば、しっかりとした説明を聞けた私は少数派だった
本来こうでなければならないのに。。。

シリコンが保険適用になり、今後ますます再建の需要が増すだろう
地域によっては、医師不足により再建が思うようにできないそうだ
優秀な形成外科も育て、患者が望めば再建ができる態勢が整うことを希望する


最後までお読みいただき有難うございます。
ランキングに参加しています
ポチッとして頂けると嬉しいです 応援ありがとうございます♪
   ↓     ↓
にほんブログ村 病気ブログ 乳がんへ
にほんブログ村
関連記事

Comment

承認待ちコメント
編集
このコメントは管理者の承認待ちです
2016年02月07日(Sun) 19:50












非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL

プロフィール

SANDY

Author:SANDY
福山雅治氏をこよなく愛す主婦
2012月2月 乳がん告知
2012年4月 左乳房全摘+広背筋による同時再建手術
CMF、ハーセプチン投与
現在ホルモン療法中(ノルバデックス)

ランキングに参加してみました
↓よろしければポチッとお願いします
励みになります♪ 

にほんブログ村 病気ブログ 乳がんへ
にほんブログ村

最近の記事+コメント
ブログ村
カレンダー(月別件数付き)