BEAUTIFUL DAY

「ましゃ」こと福山雅治さん大好き主婦のフクヤマニアな乳がん闘病ブログ
TOP乳がん(ニュース、情報) ≫ 術中切除断端診断、1mm以下の小さな病変でも迅速に検出が可能に

術中切除断端診断、1mm以下の小さな病変でも迅速に検出が可能に

乳がんの手術中にがんの取り残しが疑われる部位に開発した試薬を散布すると、
1mm以下の微小がんであってもこれを数分以内に、蛍光によって選択的に可視化する技術を確立

この試薬が、実際のヒトがん臨床検体で有効に機能することを初めて明らかにした

これにより、非浸潤性乳管がんをはじめとする様々な乳腺腫瘍を光らせ、
これまで肉眼ではわからなかった腫瘍を明瞭に描出することが
可能となりました。

実際の乳がんに対する乳房部分切除術においては、数cm大の検体の中の
1mm以下の小さな病変を検出する必要があります。
本手法により乳管という小さな管の中にある1mm以下のがん組織も検出可能であることがわかりました。

測定方法は簡便かつ迅速で、蛍光プローブの散布から5分程度で、
1mm以下の微小がん部位であっても、選択的かつ強い蛍光強度で光ることが確認されました
(いくつかの臨床検体では、人の目で視認可能な強さでがん部位が光ることが確認されています)。

たくさんの種類の乳がん、乳腺腫瘍に対して検証したところ、幅広い種類の乳腺腫瘍に対して
有効であることがわかり、切除標本の断端にがん細胞が含まれているかどうかの検出に
大きな機能を発揮することが明らかとなりました。

本研究グループが今回開発したスプレー蛍光試薬は、乳腺の手術で摘出した検体の中に
隠れている微小ながんの容易な発見を可能とし、病理診断での見落としを無くし、
手術での取り残しを防ぐ役割が期待できます。

蛍光の検出が安価かつ簡便に行えることから、この技術が一般的ながん検出手法
として普及する上で大きな有用性があると期待しています

東京大学
科学技術振興機構(JST)
九州大学



以上 JSTより引用


詳しくはコチラをクリック
試薬により光るがん細胞の検体画像も見られます


この技術が一般化すれば
術後の病理結果で断端陽性だったというケースは激減するかもしれません

またJSTのサイトを読み
乳房部分切除術では手術中の断端診断検査が必須でありながら
病理医の不足から実行できない施設もあるという現状を知りました
マージンを多くとって切除してるのかもしれませんが
取り残しがあるかないか、一か八か的な感じではないでしょうか
痛い想いをして手術を受ける訳ですから
すべて悪いものは取り除いて欲しい
それが患者の願いです

この試薬に期待したいと思います

最後までお読みいただき有難うございます。
ランキングに参加しています
ポチッとして頂けると嬉しいです 応援ありがとうございます♪
   ↓     ↓
にほんブログ村 病気ブログ 乳がんへ
にほんブログ村



関連記事

Comment













非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL

プロフィール

SANDY

Author:SANDY
福山雅治氏をこよなく愛す主婦
2012月2月 乳がん告知
2012年4月 左乳房全摘+広背筋による同時再建手術
CMF、ハーセプチン投与
現在ホルモン療法中(ノルバデックス)

ランキングに参加してみました
↓よろしければポチッとお願いします
励みになります♪ 

にほんブログ村 病気ブログ 乳がんへ
にほんブログ村

最近の記事+コメント
ブログ村
カレンダー(月別件数付き)