BEAUTIFUL DAY

「ましゃ」こと福山雅治さん大好き主婦のフクヤマニアな乳がん闘病ブログ
TOPスポンサー広告 ≫ 乳がん幹細胞の増殖抑制する治療候補分子を発見TOP乳がん(ニュース、情報) ≫ 乳がん幹細胞の増殖抑制する治療候補分子を発見

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | Comments (-) | Trackbacks (-)

乳がん幹細胞の増殖抑制する治療候補分子を発見

国立医薬品食品衛生研究所の諫田(かんだ)泰成室長らのグループは、
乳がん幹細胞の増殖を食い止めるための治療標的候補分子を見つけた。
がん幹細胞に「スフィンゴシン1リン酸」(S1P)
という分子がくっつくことで、増殖が誘導されるメカニズムを発見。



S1Pの結合を阻害する薬剤を投与することで、
がん細胞の増殖が抑制することをマウス実験で確認した。


グループはまず、ヒト乳がん組織から分離したがん幹細胞を調べ、
S1Pが増えていることを発見。
細胞膜上にあるS1P受容体の働きを抑える化合物を培養細胞に与えたところ、
がん幹細胞の増殖は抑制された。


次に、乳がん幹細胞を腹部に移植したマウスを使い、同化合物を投与する実験を行った。
その結果、非投与群は10匹中9匹で腫瘍形成が進んだのに対し、
投与群で腫瘍を形成したのは10匹中2―3匹にとどまった。


がん幹細胞はがん細胞を生み出す元になる細胞で、
がんを根本的に治療するためにはがん幹細胞を攻撃する必要があると考えられている。
今回のメカニズムは乳がん以外のがん幹細胞にも共通する可能性があるという。




以上、「日刊工業新聞 Business Line」より抜粋

記事にはまだ続きがあるようですが非会員が読めるのはここまで



がん幹細胞の研究はこれまでにもされていますが
(そちらの記事はココをクリック)

今回の発見は幹細胞が「乳がん」のものであること

実用されるまでには道のりはまだ長く、
今まさにがんと戦ってる者には研究の恩恵を受けることができないかもしれない

がしかし、
もしがんになっても、治る時代がやってくる

そんな明るい未来が想像できるニュースでした


がんが治る時代が1日も早く訪れますように


最後までお読みいただき有難うございます。
ランキングに参加しています
ポチッとして頂けると嬉しいです 応援ありがとうございます♪
   ↓     ↓
にほんブログ村 病気ブログ 乳がんへ
にほんブログ村
関連記事

Comment













非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL

プロフィール

SANDY

Author:SANDY
福山雅治氏をこよなく愛す主婦
2012月2月 乳がん告知
2012年4月 左乳房全摘+広背筋による同時再建手術
CMF、ハーセプチン投与
現在ホルモン療法中(ノルバデックス)

ランキングに参加してみました
↓よろしければポチッとお願いします
励みになります♪ 

にほんブログ村 病気ブログ 乳がんへ
にほんブログ村

最近の記事+コメント
ブログ村
カレンダー(月別件数付き)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。