BEAUTIFUL DAY

「ましゃ」こと福山雅治さん大好き主婦のフクヤマニアな乳がん闘病ブログ
TOPスポンサー広告 ≫ 挟まないから痛くない 乳房専用PET装置、薬事承認(製造販売承認)を取得TOP乳がん(ニュース、情報) ≫ 挟まないから痛くない 乳房専用PET装置、薬事承認(製造販売承認)を取得

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | Comments (-) | Trackbacks (-)

挟まないから痛くない 乳房専用PET装置、薬事承認(製造販売承認)を取得

島津製作所と新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)は9月4日、
島津製作所が乳房を挟まずに乳がん検査を可能とする乳房専用PET装置
「Elmammo(エルマンモ)」を製品化し、
8月19日付で薬事承認(製造販売承認)を取得したことを発表した。

乳がん診断の手法として、全身用PET/CT装置を用いた検査方法もあったが、
乳房から距離があり、高い感度や解像度を得ることができなかった。

同社ではこうした課題の解決に向け検討を行い
乳房のみの測定を行う専用PETを開発し高感度化と高解像度化を実現した。

具体的には、全身用PET装置と比べて感度は約10倍向上したほか、
解像度としては約2倍の空中分解能の向上を実現したとする。

実際の検査フローだが、同装置はすでに全身用PET装置を用いた検診に
併せて利用する場合は保険が適用されることから、
最初にPETの薬剤を患者に投与し、全身用PETで検査を行った後、
乳房用のPET装置で検査を行うという形になるという。

乳房の検査時間は片方5~7分程度で、両方でも15分程度で済むとのことで、
全身用PETだけで終えた場合でも、薬剤の減衰を30分程度待つ必要があるため、
実は乳房専用PETで検診を受けても受けなくてもほとんど拘束時間は変わらないという。

なお同社では、将来的には「Elmammo」単独利用による
乳がん診断への活用を目指すとしているが、
PETの場合、放射性薬剤を投与する必要があり、
被ばくの問題があるため、
「単独で使用するだけのメリットがあると評価してもらう必要がある」とし、
当面は全身用PET装置での検診のオプション的に活用してもらう流れになるとの見方を示している。

気になる検診価格は、薬価としては4000点であり、
個人負担としては1万2000円程度とのこと(別途、全身用PET検診費用が3万円程度発生)。
また、装置の価格としては定価4億円(税別)で、初年度10~20台の販売を目指すとしている。



以上マイナビニュースより抜粋して引用
画像お借りしました

012l.jpg

うつぶせにの状態であの穴に乳房をはめて検査するようです

一般的に普及するまでには時間を要するでしょうが
検査に痛みや苦痛を伴わないのはありがたいことだと思います

私の場合は、憂鬱になるほどマンモ検査は痛くなりません
その代わり、CTの造影剤で気分が悪くなります(動悸)

歯の麻酔といい、薬を体内に注入する系に体が反応してしまうみたいです



最後までお読みいただき有難うございます。
ランキングに参加しています
ポチッとして頂けると嬉しいです 応援ありがとうございます♪
   ↓     ↓
にほんブログ村 病気ブログ 乳がんへ
にほんブログ村
関連記事

Comment













非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL

プロフィール

SANDY

Author:SANDY
福山雅治氏をこよなく愛す主婦
2012月2月 乳がん告知
2012年4月 左乳房全摘+広背筋による同時再建手術
CMF、ハーセプチン投与
現在ホルモン療法中(ノルバデックス)

ランキングに参加してみました
↓よろしければポチッとお願いします
励みになります♪ 

にほんブログ村 病気ブログ 乳がんへ
にほんブログ村

最近の記事+コメント
ブログ村
カレンダー(月別件数付き)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。