BEAUTIFUL DAY

「ましゃ」こと福山雅治さん大好き主婦のフクヤマニアな乳がん闘病ブログ
TOPスポンサー広告 ≫ がん治療、外見をケアする医療機関  ウィッグ購入を補助する自治体TOP乳がん(ニュース、情報) ≫ がん治療、外見をケアする医療機関  ウィッグ購入を補助する自治体

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | Comments (-) | Trackbacks (-)

がん治療、外見をケアする医療機関  ウィッグ購入を補助する自治体

昨日の朝日新聞に

がん治療の副作用による外見の変化のケアを支援する取り組みが広がりつつあると記事にありました

以前このブログでも書いたことがありましたが

国立がん研究センター中央病院(東京都中央区)では2007年から
外見ケアの支援を行い
昨年の7月からは「アピアランス支援センター」を設けウイッグや帽子を展示
週に2回、無料で講習会を行なっている

他の医療機関でも支援が始まってるという

国立病院機構四国がんセンター(松山市)では今年5月から
月1回の講習会をスタート

国立病院機構九州がんセンター(福岡市南区)では1年半前から
月1、2回、入院する乳がん患者らを対象に講習会を開く
今後は外来患者にも対応できるよう体制を強化するという

京阪神地区でも講習会を検討している大学病院があるようだ

私の脱毛は、多少スカスカになる程度でフルウィッグは使わなかった
しかし、ドライヤーやブラシを通せば髪はバシバシと抜け
ヘアスタイルのセットもできず
残ってる髪は伸びるが、美容院にも行けず
そんな状態が半年近く続き、どうしたらいいのか。。。精神的にまいり
外との繋がりを自ら閉ざす生活になってしまった

あの時、こういった支援を受けられたら
悩みを打ち明けることができたら
もっと前向きな生活ができていたかもしれない


また、自治体では、ウイッグ購入に補助を行なっているところもある


山形県はウィッグを必要とする人の社会復帰を支えようと
今年度、抗がん剤治療によるウイッグ購入に対する補助メニューを設けた
市町村と折半し、最大1万円を補助

岩手県北上市は05年度から、ウィッグを購入するがん患者に最大3万円を補助

秋田県能代市も北上市を参考に、今年度から最大3万円の補助を始めている


どこも東北の自治体ですね

ウィッグって安いものじゃないですから、補助の金額は大きくないかもしれない
しかし、補助を始めた、この事実が嬉しいじゃないですか

抗がん剤治療は通院しながらでも可能な時代である今
患者は治療を受けながら、日常生活を過ごすことになる

抗がん剤治療を受けた患者がもっとも苦痛に感じた副作用は
脱毛を筆頭に外見上の副作用であるというアンケート結果からも

こうした支援の必要性は高く、今後、全国に広がっていくことを期待する

最後までお読みいただき有難うございます。
ランキングに参加しています
ポチッとして頂けると嬉しいです 応援ありがとうございます♪
   ↓     ↓
にほんブログ村 病気ブログ 乳がんへ
にほんブログ村

関連記事

Comment













非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL

プロフィール

SANDY

Author:SANDY
福山雅治氏をこよなく愛す主婦
2012月2月 乳がん告知
2012年4月 左乳房全摘+広背筋による同時再建手術
CMF、ハーセプチン投与
現在ホルモン療法中(ノルバデックス)

ランキングに参加してみました
↓よろしければポチッとお願いします
励みになります♪ 

にほんブログ村 病気ブログ 乳がんへ
にほんブログ村

最近の記事+コメント
ブログ村
カレンダー(月別件数付き)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。