BEAUTIFUL DAY

「ましゃ」こと福山雅治さん大好き主婦のフクヤマニアな乳がん闘病ブログ
TOPスポンサー広告 ≫ WE’RE BROS. TOUR 2014 in ASIA  TOP福山雅治 ≫ WE’RE BROS. TOUR 2014 in ASIA 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | Comments (-) | Trackbacks (-)

WE’RE BROS. TOUR 2014 in ASIA 

最近、毎日バタバタしてて、なかなかブログに書けませんでしたが

WE’RE BROS. TOUR 2014 in ASIA 

台湾、香港公演完走お疲れ様でした




現地記者の台湾公演ライブレポートがましゃの公式サイトで紹介されていますが
現地の人たちに届いたんだなってのが伝わり嬉しくなり目頭が熱くなるレポートだったので
ここでも紹介したいと思います

センターシステムのコントロールによって綺麗に色が変化するライトスティックに驚きを感じただけではなく、
まるで宮崎駿の25周年記念コンサートのような360度の観客席が、
台北アリーナのハイレベルのライヴはこうあるべきだと教えられた夜。

日本直送の福山雅治をこの台湾で見れるなんて、感無量。

周りの友人がいつも ”台北アリーナの設備は乏しい”とよく言っていたのを聞いてたなか、
今夜僕が目にするアリーナは、今まで数十回以上訪れたアリーナと同じ場所とは思えなかった。

場所のせいなんかじゃない。

そのたったひとりの人間によってすべてが生まれ変わるだということを思い知らされた。

まるで日本のテレビ番組の生放送を観てるようだった。

このライヴに関わるすべての人が、一秒一秒に集中力と精力を注ぎ、
最高レベルの物作りを目指す意気込みと気合いがバンバン伝わってきた。

ライヴが終わり、偶然見に来ていた友人何人かとばったりあったので、その足で一緒にご飯を食べた。
もちろん、食事中の会話はしきりにライヴの感想で話が尽きなかった。

「この台北アリーナで、こんな素晴らしいライティングも出来るんだ!」
「テレビのHD画質を観て!」
「わお!現場のディレクターは相当のプロだ!トランペットのソロの一秒前には、カメラがすでにスタンバイしていたとは、完璧な呼吸!リハーサルはかなり緻密にタイミングを練習したんだろうな!!!」
「PAにかなりのスタッフ人数が入ってて、二三時間も顔をあげることなくにひたすら集中する姿!」
「ステージにいるメンバー達は、自分の演奏がないときでも、みな一体となって演出を盛り上げてる。なんて素晴らしいんだろう!」

彼の歌詞に込められた思いと一つ一つの身動きに魅了されていく。
360度囲む観客達隅々まで気持ちを届けようと福山雅治はステージを走り回る。
「STAGE BACK,一緒にHighになろうぜ!」「君達はARENA!!」「そして、STANDのみなさん!!!」

前方にかけられたスクリーンには中国語の字幕入りの映像が流れ、カメラとディレクターの完璧なチームワークは、編集せずにそのままDVD発売してもぜんぜんいける水準だった。
そして、福山雅治のトークの時、同時に字幕がスクリーンに表示された。
ということは、事前にすべて丸暗記してから字幕を入れたことになる。なんて凄まじい男だ。
さらに台湾メディアで「不老帥哥」(老けないイケメン)と言われたことに対し、
「実は、僕は男神」、さらに二回も英語で「PRESSURE」と、たっぷりと彼特有のユーモアを見せてくれた。
去年彼が台湾に来たときに取材をするため色々資料を調べると、下ネタが好きという一般認識されてるイケメンのイメージを覆された事を思い出した。

ライブの終わりかけた頃、やっと彼のささやかな弱みをみつけた。
映画出演は好成績を収め、歌手として作曲作詞も手掛ける、歌声抜群、
そしてCD売り上げナンバーワンの男性シンガー、さらにギターのテクニックもハンパなく優れている。
大好きなギターに歌まで作ってしまうなどなど、そんなすべての才能を手にする彼にひとつだけ弱みを見つけた。
彼は、踊るコトはあまり得意ではない。
ははははは!と、虚しく自問自答。見苦しい嫉妬心にかられた自分。

福山さんの一歩と手の動き、スクリーンに写りだされるカット、映像につなげるリズム感とカメラアングル、ステージにいるメンバー達の動作と笑顔、そして、統一された観客ひとりひとりの手に握りしめられたライトスティックの色、高所から眺める全体の美しさとバランス、それぞれの曲に合せた絶妙なライティングがさらに曲の感情を表現する。
色温が曲の温度を表す。すべての「ひとつ」の些細な演出がこの空間の一部として観客が融け合う。
一つになる。

そして日本シンガーのライヴ会場で、まるで日本にいるような空間を作ってくれた台湾の観客にお礼を言いたい。
そういう空気感はとても大切なモノ。

「楠(クスノキ)」という新曲を歌うとき、簡潔な無声映像の紹介で、生まれる25年前、ふるさとの長崎に原爆が落とされ、一本の楠はきっと生き抜くことが出来ないと人々は思っていたが、やがて美しい枝葉を身につけた。

12000人もいた台北アリーナが、瞬時静かになった。針が落ちる音も聞こえるほどの静けさだった。
みんなその瞬間、心を打たれた。言葉にできない感動だった。

福山雅治は、311の震災について台湾に感謝の気持ちを述べた。
もう少しで僕は声に出して答えそうになった。

いいんだよ。福山さん、だって、これが台湾人の人情と暖かみなんだから。と。
「また、台湾に帰ってきていいですか?」そう言った彼に、僕はまた答えそうになる。

もちろんだよ!
あなたはホントに素晴らしい!大好きです。
今夜、ここにいた一万人の心はすべてあなたに奪われました。
あなたは、最高だよ!  

BY TVBS資深文字記者 張家齊






昨日のめざましテレビで軽部アナもこのランキングについて話してましたね

ましゃおめでとございます♪

最後までお読みいただき有難うございます。
ランキングに参加しています
ポチッとして頂けると嬉しいです 応援ありがとうございます♪
   ↓     ↓
にほんブログ村 病気ブログ 乳がんへ
にほんブログ村
関連記事

Comment













非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL

プロフィール

SANDY

Author:SANDY
福山雅治氏をこよなく愛す主婦
2012月2月 乳がん告知
2012年4月 左乳房全摘+広背筋による同時再建手術
CMF、ハーセプチン投与
現在ホルモン療法中(ノルバデックス)

ランキングに参加してみました
↓よろしければポチッとお願いします
励みになります♪ 

にほんブログ村 病気ブログ 乳がんへ
にほんブログ村

最近の記事+コメント
ブログ村
カレンダー(月別件数付き)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。