BEAUTIFUL DAY

「ましゃ」こと福山雅治さん大好き主婦のフクヤマニアな乳がん闘病ブログ
TOP乳がん(ニュース、情報) ≫ HER2陽性進行乳癌に対する2つの診療ガイドラインを発表 @米国臨床腫瘍学会(ASCO)

HER2陽性進行乳癌に対する2つの診療ガイドラインを発表 @米国臨床腫瘍学会(ASCO)

 米国臨床腫瘍学会(ASCO)は5月5日、HER2陽性進行乳癌に対する2つのガイドラインをJournal of Clinical Oncology誌に発表した

その1つは  全身療法の診療ガイドライン
もう1つは  脳転移を有するHER2陽性進行乳癌の診療ガイドライン

前者はエビデンスに基づいた抗HER2治療のガイドラインであり、

後者は専門家によるコンセンサスに基づいた初めての脳転移乳癌患者の診療ガイドラインである

乳がん全体のおよそ15-20%を占めるHER2陽性乳がん
現在、米国食品医薬品局(FDA)がHER2陽性進行乳がんの治療において承認している分子標的薬は、
ラパチニブ(タイケブル)、トラスツズマブ(ハーセプチン)、
ペルツズマブ(パージェタ)、トラスツズマブ エムタンシン:T-DM1(カドサイラ)の4つ



この診療ガイドラインの作成にあたり、ASCO専門委員会(Expert Panel)は、
CLEOPATRA試験やEMILIA試験など、抗HER2治療のランダム化第3相試験について
システマティック・レビューを行った。

その結果、鬱血性心不全あるいは左室機能低下が見られる患者を除き、

HER2陽性進行乳癌患者には抗HER2治療が推薦されることが確認された。

1次治療にはトラスツズマブ、ペルツズマブ、タキサン系抗癌剤が、

2次治療にはT-DM1が推奨される。

3次治療は、1次治療と2次治療で使われていない抗HER2治療の併用療法、
あるいはT-DM1治療歴のない患者ではT-DM1を、
ペルツズマブ治療歴のない患者ではペルツズマブを用いた治療を行うことができるとした。


 また抗HER2治療と化学療法の併用において、毒性や進行が認められない場合、
化学療法はおよそ4-6カ月まで、あるいは最大効果が得られるまでの投与が適切であるとした。

一方、抗HER2治療は進行または許容できない毒性の発現まで投与継続できるとしている。

HER2陽性でエストロゲン受容体陽性/プロゲステロン受容体陽性の乳癌患者に対しては、

抗HER2治療と化学療法の併用、
あるいは一部の患者ではホルモン療法と抗HER2治療(トラスツズマブ、ラパチニブ)の併用、
あるいはホルモン療法単独も考慮されるとした。



長くなったので

脳転移を有するHER2陽性進行乳癌の診療ガイドラインについては、また改めて。。。

(がんナビより一部引用)

最後までお読みいただき有難うございます。
ランキングに参加しています
ポチッとして頂けると嬉しいです 応援ありがとうございます♪
   ↓     ↓
にほんブログ村 病気ブログ 乳がんへ
にほんブログ村



関連記事

Comment













非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL

プロフィール

SANDY

Author:SANDY
福山雅治氏をこよなく愛す主婦
2012月2月 乳がん告知
2012年4月 左乳房全摘+広背筋による同時再建手術
CMF、ハーセプチン投与
現在ホルモン療法中(ノルバデックス)

ランキングに参加してみました
↓よろしければポチッとお願いします
励みになります♪ 

にほんブログ村 病気ブログ 乳がんへ
にほんブログ村

最近の記事+コメント
ブログ村
カレンダー(月別件数付き)