BEAUTIFUL DAY

「ましゃ」こと福山雅治さん大好き主婦のフクヤマニアな乳がん闘病ブログ
TOP ≫ CATEGORY ≫ 退院後
CATEGORY ≫ 退院後
      

術後の腕のリハビリの参考にしました

広背筋で同時再建した私は
術後しばらく腕を動かすのは禁止されていました

リハビリの許可が下りたのは退院の前日
病院では腕の「壁のぼり運動」を教わりました
でも腕を伸ばすと胸の上部から脇の下にかけて
つっぱるような強い痛みで想像以上に動かなくなっていました

もっと他のリハビリ方法はないのか退院後ネットで探したところ
とてもいいサイトがあったので紹介します

それは「乳がん.jp」というサイトにある
「乳がん手術後のリハビリ体操」です
動画で見られるのでわかりやすいです

日に何度も壁のぼり運動と、サイトにあった体操をやることで
痛みがありながらも徐々に腕が上がるようになりました

「乳がん.jp」にはコチラから飛べます
サイト内の「乳がんの手術後」→「動画で見るリハビリ体操」と進むと見られます

ホルモン療法中の方の「関節痛体操」の動画もありますよ


最後までお読みいただき有難うございます。
ランキングに参加してみました
↓よろしければポチツとお願いします 応援ありがとうございます♪ 

にほんブログ村 病気ブログ 乳がんへ
にほんブログ村

治療方法の選択に悩む その3

ホルモン療法のみにすると決心してからも
がん友さんに相談したりネットで情報収集はしてました

そうしているうちに
ハーセプチンを受けた方がいいんじゃないかって思うようになったんです

HER2 強陽性って予後の悪いタイプだし
そのHER2患者が使える分子標的薬があるんだから
使うべきでしょうと

術後はホルモン療法のみのがん友ちゃんも色々調べてくれて
化学療法を受けた方がいいんじゃないってメールをくれました

ハーセプチン、これは単独では受けられないんです

抗がん剤も使わないと保険が適用されない
可能ならハーセプチンだけやってあげたいけどって主治医が言ってました
保険の仕組みわかんないわ~
副作用があまりないハーセプチンを単独で受けられたならこんなに悩まないのに

旦那も色々調べていたらしく時を同じくして
やっぱり化学療法受けた方がいいんでは?と言い出し

満場一致で抗がん剤+ハーセプチンを選択することになりました

その代わり抗がん剤はFECではなくCMFを切望
なぜかって
CMFは副作用が軽いんです
効果も今一般的に使われている抗がん剤に比べ低いらしいんですけどね
(だから今はほとんど使われてないと思います、昔主流だった薬なんです)
でも、脱毛の程度が2~3割でウイッグを必要としない
これが私にとってキーポイントだったんです

強い副作用に恐れをなし、CMFに逃げ込んだ私
ほんとにこれで良かったのか今も考えたてしまう事もあるけれど
主治医がいいって言うんだから信じよう

私の治療は
抗がん剤CMF6回+ハーセプチン18回、ホルモン療法に決定した

最後までお読みいただき有難うございます。
ランキングに参加してみました
↓よろしければポチツとお願いします 応援ありがとうございます♪ 

にほんブログ村 病気ブログ 乳がんへ
にほんブログ村

治療方法の選択に悩む その2

治療方法について旦那とも話し合った

主治医の話では化学療法をしても生存率はホルモン療法だけの場合よりも
3%上乗せされるだけだった

その3%のために辛い副作用に耐えてまで化学療法をする意味があるのか?

たとえ3%でも、副作用が全くないとしたら絶対に化学療法を受けようと思っただろう
3%でも望みを繋ぐために

そう、要するに副作用が嫌な訳である
ただのヘタレだ
根性なしなのだ

まず脱毛
周りの人に病気がバレたくなかったから、見た目で判っちゃうのが嫌だった

そして吐き気
これはもうドラマのイメージそのもの
辛い思いはしたくない

次の診察でホルモン療法のみやると主治医に伝えようと気持ちが固まったのでした

最後までお読みいただき有難うございます。
ランキングに参加してみました
↓よろしければポチツとお願いします 応援ありがとうございます♪ 

にほんブログ村 病気ブログ 乳がんへ
にほんブログ村

治療方法の選択に悩む その1

術後の病理診断を聞きに行った時、これからの治療の説明があった

ちなみに私の病理は次の通り
非浸潤ガンだと思っていたら、一部浸潤箇所があったのは以前書いた通り

非浸潤 50×48×20mm けっこう広がってました
浸潤  4×3mm

ホルモンレセプター ER + PgR-
HER2 3+  ki67 20%
リンパ節転移 無し
ステージ 1 グレート 1  ルミナールBタイプ

ここで主治医が示した治療プランは
1 無治療 浸潤部分が小さかったため、無治療の選択肢もあるらしい
2 ホルモン療法
3 化学療法+ホルモン療法(FEC+ハーセプチン 又は CMF+ハーセプチン)

説明し終えた主治医は今後の治療方法を自分で選ぶように言ってきた
それって先生が決めるもんなんじゃ?
と思いながらも、抗がん剤はやりたくないって訴えた私

だったらそれでいいよと
もし僕の奥さんがSANDYさんの立場で抗がん剤やりたくないって言っても
それでいいんじゃないって言うよとも

私の気持ちはホルモン療法1本へと完全に動いていた
が結論は1週間後ということでこの日は帰宅したのでした

この記事を書くにあたり、主治医が説明のために書いた紙を引っ張り出してみたら
ホルモン療法の所に
嫌でなかったらやったら? と、とても軽~い調子で書いてありました

最後までお読みいただき有難うございます。
ランキングに参加してみました
↓よろしければポチツとお願いします 応援ありがとうございます♪ 

にほんブログ村 病気ブログ 乳がんへ
にほんブログ村
プロフィール

SANDY

Author:SANDY
福山雅治氏をこよなく愛す主婦
2012月2月 乳がん告知
2012年4月 左乳房全摘+広背筋による同時再建手術
CMF、ハーセプチン投与
現在ホルモン療法中(ノルバデックス)

ランキングに参加してみました
↓よろしければポチッとお願いします
励みになります♪ 

にほんブログ村 病気ブログ 乳がんへ
にほんブログ村

最近の記事+コメント
ブログ村
カレンダー(月別件数付き)